2017年 愛三工業レーシングチーム体制

愛三工業レーシングチーム2017年チーム体制 いつも温かい声援をいただき、誠にありがとうございます。自動車機能部品システムメーカーの愛三工業株式会社を母体とする愛三工業レーシングチーム(UCI登録名:AISAN Racing Team)は、2006年にUCIコンチネンタル登録を行ってから、おかげさまで今年11年目のシーズンを迎えます。いつも応援してくださっているスポンサー・サプライヤーの皆様、チーム関係者の皆様、国内外のサイクルロードレースに携わっている皆様、そしていつも愛三工業レーシングチームを応援してくださっているファンの皆様が長きに渡りチームを支えてくださっているおかげです。心より御礼申し上げます。 【Objective】 「グローバルな環境で活躍できる日本人選手の育成」 "From JAPAN to the ASIA, From ASIA to the WORLD" 愛三工業レーシングチームは2006年のUCIコンチネンタル登録当時から変わらず、グローバルな環境で活躍できる日本人選手の育成を理念に活動を続けてきました。2017年もその理念は変わらず、UCIアジアツアーを中心に活動をしてきます。チームの目標は、各UCIレースでのUCIポイントの獲得、6月に青森で行われる全日本選手権での優勝です。 そして2020年に開催する東京オリンピックでの日本人選手の活躍を視野に入れ、世界での活動を目指す「JAPANプロサイクリング」から必要とされる人材を育てると共に、従来のチームの枠を超え日本人選手・スタッフが一枚岩で活躍できる環境整備にも協力していきます。 また、オリンピックや世界選手権における日本からの出場枠は、日本人によるUCIポイントの獲得が絶対条件です。愛三工業レーシングチームは世界で活躍する日本人を育成する理念のもと、日本人選手のみでのUCIポイント獲得に拘ります。 Aisan Racing Team 2017